勤怠管理どうしてる?簡単便利な方法とは?

リアルタイムに確認できるクラウド型勤怠システム

勤怠管理は、WEB上で打刻や集計、管理のできるクラウド型勤怠システムが便利です。 従来型の紙のタイムカードや紙ベースの勤怠集計ですと、管理が煩雑で、誤りや不正も発生し易いですが、クラウド型勤怠システムの場合は、管理者を設定し、IDとパスワードを使用し、利用者ごとに機能を制限することで、不正を防止できます。また、リアルタイムで集計ができ、当月または当年累計の時間外労働時間も簡単に管理できるので、残業の多い人に対して警告することも容易です。残業の申請・承認もシステム上で完結できるので、無駄な残業を抑制する効果も期待できます。勤怠データを給与ソフトと連携することで、給与計算も楽に正確に行うことが可能です。シフト勤務や深夜勤務などの多様な勤務体系もカバーしていますので、業種を問わずに多くの事業所で幅広く利用することができます。

クラウド型勤怠システムの費用対効果

クラウド型勤怠システムは、システム導入時のイニシャルコストがかからず、毎月のランニングコストのみで利用できるものもありますので、非常に費用的なリスクが低いです。システムサポートも常時無料で行っている場合もあり、初めてでも安全に安心して利用できます。自社の就業規則に沿った内容にカスタマイズも可能ですので、様々な業種や業態、企業規模に対応できます。勤怠をリアルタイムに見える化することによって、人件費のコントロールが容易になり、無駄な人件費を削減します。紙のタイムカードと比較して、勤怠集計の手間や労力も大幅に改善でき、エラーも起こり難くなります。さらに、システムからのデータ抽出が容易ですので、経営分析の資料としても役立ちます。

© Copyright Attendance Management Recorder. All Rights Reserved.