今さら聞けない勤怠管理?タイムレコーダーのすすめ

事務コストを削減!名前もタイムカードへ自動打刻

毎月社員やパート従業員の勤怠管理の準備で事務の手間がかかっている状況はありませんか。そのような悩みもタイムレコーダーを使えば解決することができます。 タイムレコーダーは日々の出勤時刻と退勤時刻を打刻するだけではなく、事務の手間を無くすためのサポート機能もあります。そのひとつが番号や名前をタイムカードへ自動打刻する機能です。勤怠締めの翌日からは新しいタイムカードを人数分用意しなければなりませんが、タイムレコーダーに必要な情報を入力しておけば、後はタイムカードをタイムレコーダーへ挿入するだけで番号や名前を打刻してくれるのでとても便利です。毎月ある準備作業の時間を短縮できるためタイムレコーダーは事務コストを削減する効果的なツールなのです。

パート設定にも対応!勤怠締めの時間集計も自動計算

勤怠管理の大切な作業に勤怠締め後に行われる社員の残業時間集計やパートの累積勤務時間の集計作業があります。この集計作業は勤務した人に支払われる給与に反映されるわけですから、慎重で正確な作業が求められます。ただし、タイムレコーダーを使えば負担の高い集計作業も人の手を煩わせることなく、簡単に対応ができます。 タイムレコーダーには社員用、パート用などその人にあわせた労働条件の設定を行う機能があります。社員であれば勤務日数と残業時間の合計がタイムカードに自動打刻されます。また、パート用であれば時間給が発生する単位時間を設定することで毎日の勤務時間の打刻の他に、勤怠締めでは合計時間も打刻されます。タイムレコーダーは勤怠管理にかかる事務コスト削減に欠かせないツールなのです。

© Copyright Attendance Management Recorder. All Rights Reserved.