ごまかさないために・・・就業規則通りの勤怠管理

現状の就業規則の問題点

就業規則では、残業や休日出勤など時間外労働に関しては支払われるというルールが一般的です。基本的には自己申告である一方で、上司などの組織的な圧力によりうまく正しい申告ができていないケースがありますし、個人の申告の判断が過少により残業代未払いといった労働問題に発展します。労働問題は社会でも重視されるようになり、ブラック企業としてのレッテルを張られたり、マスコミにもクローズアップされることで企業イメージの低下にもつながってしまいます。また、その是正に使われる工数も企業の損失にもなりますし、職場風土が悪化して生産性の低下や社員間の信頼もなくなってしまいます。このような負のスパイラルにならないようにしっかりと管理することが重要です。

勤怠管理がシステムで行えるようにする

従来の勤怠管理は、自己申告で出退勤時間を帳簿につけたり、タイムカードのシステムを用いて行われることが一般的でした。しかし、あくまでも自己申告で、帰宅したにもかかわらず会社に残っていたりすることをみきわめるすることができません。そこでシステムを使って管理することが得策になります。例えば、PCを使っているログの時間を管理することで、申告された出退勤時間と照合し不正を食い止めることを行います。同様な考え方で、会社のゲートをICチップを組み込まれた社員証で時間管理をすることで同様に照合します。このように勤務の実態との行為をシステム的に時間を吸い上げることとで実態との差を管理することがポイントになります。

© Copyright Attendance Management Recorder. All Rights Reserved.