勤怠管理を簡単に!?タイムレコーダーが便利なワケ

社員番号や氏名も自動打刻!月初めの手間が大幅削減

タイムレコーダーは単純に社員の出退勤時刻を打刻するだけのものではありません。勤怠管理をするうえで便利な機能がたくさんあります。その中にはタイムカードを挿入するだけで社員番号や氏名などが自動打刻する機能があります。 月初めに総務関係の人が全社員分のタイムカードへ社員番号や氏名をペンやハンコを使用して記入する作業はとても手間で面倒ですよね。しかし、タイムレコーダーを使用することで面倒な作業が手早く簡単に行うことができるのです。タイムレコーダーにあらかじめ社員番号や氏名などの社員情報を入力することで、後はそのタイムカードをタイムレコーダーに挿入するだけで、必要な情報がタイムカードへ自動打刻されます。この機能を使えば、月初めに時間と手間をかけて全社員分のタイムカードを作る必要が無くなりますので、事務方にとっても効率的な業務が行えます。

勤務中の社員数を表示!最終退勤者の戸締り忘れの防止に

退勤するときに自分が最終退勤者かどうか把握するため、館内の各部屋に仕事で残っている人がいなかチェックして歩き回ったという経験はありませんか。タイムレコーダーを使えばそのような苦労も解消することが可能です。 タイムレコーダーには出勤者と退勤者の人数管理をして現在館内で働いている人数を表示する機能があります。この機能を使えば自分が退勤する時に最終退勤者なのか一目でわかるので、戸締り忘れの防止をすることができます。そのため、戸締り忘れによる重要器材の盗難などのリスクも軽減することができるので、タイムレコーダーの使用は防犯上も効果があります。また、人数が表示されるとともに、日々の残業状態もリアルタイムに確認することができるため、労働状況の把握と問題の改善へつなげることができます。

© Copyright Attendance Management Recorder. All Rights Reserved.